step1

簡単!勤務割表の原案自動作成

各種条件を設定

法的条件
順守すべき法的条件を設定します。
  • 1ヶ月の必要労働時間数を設定
  • 必要公休日数の設定

等・・・

共通条件
必要に応じて様々な条件を最初に設定しておきます。
  • 「夜勤→明け→公休」と決まったパターンの設定
  • 「夜勤」にはリーダー1名含む
  • 「夜勤」は男性のみ不可

等・・・

職員別条件
職員それぞれの条件にあわせて設定します。
  • Aさんは育児中なので「夜勤」は不可
  • CさんとDさんは「夜勤」のペア禁止
  • パートFさんは月~金は7:00~10:00勤務

等・・・

月別条件
毎月の変動条件にも対応します。
  • 行事のある日は「日勤」の人数を増やす。

等・・・

↓

個別の希望休や希望勤務を設定

  • ××日に休みたい
  • ××日は夜勤ではなく日勤にして欲しい

等の個人のを予め設定します。

↓

自動作成処理

設定された複雑な条件をもとに勤務割を自動作成します。

↓

勤務割表の原案作成

勤務割自動作成により様々な効果が期待できます。

原案作成後
資料請求はこちらから Webからの資料請求は 電話からの資料請求・お問い合わせは0120-52-88-52
資料請求
このページの先頭へ
Copyright© 2002-2017 「勤務割自動作成なら東経システムの福祉見聞録」 株式会社東経システム All Rights Reserved.