勤務割自動作成システムとは?

「勤務割自動作成システム」とは、①法的条件(1日の必要人員、1ヶ月の労働時間、公休日数等)、②施設の条件(標準勤務パターン、必須勤務パターン、禁止勤務パターン等)、③個人の条件(役職、経験年数、勤務可能曜日、希望休等)を自由に設定でき、その条件に従って勤務割(シフト表)の原案を自動作成するシステムです。

担当者だけに任せていては、なかなか思い通りの人員を確保できなかったり、感情が入ったり、複雑な条件をクリアするためにはかなりの労力と時間を費やすことになります。
人員だけは確保したが、業務スキルがない職員だけの組み合わせになったり、リーダーがいない日ができてしまった!ということにもなりかねません。

スタッフルームイメージ 「勤務割自動作成システム」により、条件をクリアしたある程度の原案が出来上がってしまえば、あとはちょっと手修正を加えるだけで勤務割(シフト表)を作成することができます。また、手修正後に必要なチェック機能も充実していますのでチェック漏れもなくなります。
システムを使用することにより、勤務割(シフト表)を作成するという業務の標準化が図れ、担当者が代わっても戸惑うことなく業務を行なうことができるのです。

さらに、勤務割(シフト表)のデータベースを用い、有休管理、勤怠管理(タイムカード連動)、スタッフの業務管理へ連動することにより、日々の業務の効率化が図れます。

資料請求はこちらから Webからの資料請求は 電話からの資料請求・お問い合わせは0120-52-88-52
資料請求
このページの先頭へ
Copyright© 2002-2017 「勤務割自動作成なら東経システムの福祉見聞録」 株式会社東経システム All Rights Reserved.